News

桃の節句の寿司もなか『お月飯』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年のお雛祭りには、

*桃の節句の寿司もなか『お月飯(おつきはん)』*

を販売いたします。

和菓子の「最中(もなか)」の名は、
平安時代に編纂された後撰和歌集にある源順の歌、

水の面に 照る月なみを 数ふれば 今宵ぞ秋の 最中なりける

にあるとされています。この歌の「最中」は中秋の名月、つまり十五夜の満月のことを示しています。
そして、宮中で開かれた月見の宴で出された白い餅菓子を「もなかの月」と言っていたのだそうです。

そこで「月」を含む屋号を持つ「照月」では、月に由来する最中を使用し、寿司もなかに仕立てました。

見て楽しく、食して美味しく、上品に頬張れる照月の寿司もなか『お月飯』。
もなかの中に旬の食材を用いて、京料理をコンパクトに表現いたしました。

お召し上がり直前に、お寿司をもなかに挟みます。
芳ばしさをお楽しみいただけます。

※写真はイメージです。

お持ち帰りやお手土産などに、ご好評をいただいております。
皆様の会話が弾み、愉しいひと時のお供となりますことを願っております。


《おひな祭り限定》三種類セット
1,500円(税別)

  • スモークサーモン、筍、桜
  • 豚角煮、うるい、白髪葱
  • 鯛、ほたて貝柱、木の芽、高菜、桜でんぶ、紅生姜

3月3日は「桃の節句」、おひな祭り。

雛人形は、流し雛とも言われ、上巳節の穢れ祓いとして川に流され、災厄よけの守り雛として祀られました。それが後に女子の「人形遊び」と結び付いて、女子の健やかな成長を祈る節句となったと言われています。

お座敷にはお雛様を飾っております。

彩豊かなお月飯をご賞味いただき、花咲く春の季節をお楽しみください。


桃の節句の寿司もなか
『お月飯(おつきはん)』

《おひな祭り限定》三種類セット 1,500円(税別)

2/27(土)、3/1(月)〜3/3(水)お受け取り分
ただいまご予約受付中です。

事前のご予約で、2/27(土)、3/1(月)〜3/3(水)のお好きな日に
店頭でお受け取りいただけます。
お受け取り時間は、12:00〜18:00

お電話・LINE・メール、いずれかの方法で
「お名前、ご連絡先、ご希望の個数、お受け取り日と時間」をお伝えくださいませ。

電話:075-791-4131
照月公式LINE:https://lin.ee/uaQ73M6
メール:489@shogetsu.kyoto

ご注文を心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る